次回のテクニカル交流会はこちら

1

第6回『浜松三河テクニカル交流会』in 浜松② を開催します!!   浜松三河テクニカル交流会はこんな方におすすめ テクニカルを勉強、実践の日々を送っているがなかなか上達しない! テクニカル ...

スポンサーリンク

テクニカルの本質とは?

初心者向け!テクニカルの本質とは?④あなたが損をする本当の理由。

更新日:

今回は③のステージにフォーカスしてアウトプットしていきます!

初心者向け!テクニカルの本質とは?シリーズの記事です!

 

スポンサーリンク

あなたが損をする本当の理由。

前回までの記事で①②のステージでは、基本的にはA:マーケットメイカーが
剛柔双方の買い方で、安い玉を買い集めたり、株価を巧みに操作していることを
お話ししました。

今回は誰しもが経験する高値掴みの原理についての解説です!!
10倍株に
© タイトル:ブラックジャックによろしく 著作者名: 佐藤秀峰

これまでもお話ししたように、相場の主導権を握ってきたA:マーケットメイカーの目的はただ一つ、

「安く買って高く売ること」です。

結論をお話ししますと③のステージはいわば、Aの売りぬけ、利益確定のステージなのです。

買われたモノはいつか売られ、現金に換えらます。

ABCのチャート

ABCの説明

これまでも繰り返しお話ししたように、株を買ったり、売ったりする場合、必ず相手方が必要になります。

今回このステージでは、売り方がA:マーケットメイカーです。

それに加えてB:賢明なる投資家は、常に、チャートや決算書から、Aの動きや真の企業価値を見ようとしているので自然とAと同じ方向を向いて売買を行っています。

となると、

AとBの相手方、買い方は必然的にC:イナゴ投資家になります。

では、チャートをもとに、この3者の動きをまとめると以下にようになります。

③

①から②を経て順調に株価は上がってきました、次第に、投資顧問会社や有名アカウントのつぶやき、下手すると新聞や雑誌などでこの銘柄は煽られるようになってきます。

この段階になると、我々、個人投資家にも非常にわかりやすく、10倍株を夢を見ることのできるような、情報が世の中に溢れるようになります。

イナゴたち

極端に言えば、「この銘柄に乗っていない投資家はバカ」というよう狂乱的な言葉すら耳に入るようになります。

2017年末の仮想通貨の絶頂期はまさにこのような狂乱状態でした。

BTCダブルトップ

こういった状況に突入すると、株価はどんどんと上昇していきます。

この状態の最中、A:マーケットメイカーはこの銘柄の「現段階における本質的価値」を一番知りうる人物です。

現在の株価が、自身の定めた目標株価に到達にしたら彼等はどうするでしょうか?

もちろん、『利益確定の売り』の行動にでます。
闇の組織

買われたモノはいつか売られる。
ということです。

キャピタルゲイン(値幅取り、投機)を目的としている限り、マーケットメイカーであろうが、私たち個人投資家であろうがこの本質からは逃れられません。

Aといえど、株を現金化して出資者への配当や、自身のお給料に回さなければならないからです。

※一応、誤解の無いように申し上げると、ンカムゲイン(配当や優待取り)が目的の場合はこの限りではありません。

この③のステージおいて眠っている売り圧力は、①のステージで買い集められたポジションですので、十分に含み益が乗っている状態です。

②で暴力的に買われたポジションですら、含み益の状態です。
ABCのチャート

①のステージの時点でA:マーケットメイカーが定めた本質的価値の株価に到達すれば、容赦なく利益確定の売り注文が降ってくることは想像に難くありません。

上昇トレンドの最中、出来高を伴った大陰線や黒三兵、ピンバー(上髭)の出現は、こういった利益確定のAの売り注文であると推測されます。

 

 

  • 三尊天井
  • EE286995-3A97-4FE5-941F-07CC3B902DEB
  • 黒三兵

このこういったチャートや出来高が観測されると

B:賢明なる投資家のテクニカルトレーダーたちも追随するように利益確定し始めます。

当然、BのファンダメンタリストはそもそもAに近い水準でこの銘柄の本質的価値を推測できているので、

Aと同じかそれに近い価格帯で利益確定ができています。

こういったAやBの動きによって株価は一旦、大きく下げていきます。

繰り返しますが、このAとBの相手方は基本的にはC:イナゴ投資家です。

AとBが生み出す売り圧力、Cの買い圧力が対決するため、株価は大きく下落していくのです。

しかし一方で、この実はこの状態に置いても、C:イナゴ投資家の狂乱の最中にあり

株価が安くなってくると②のステージの時のように「押し目買い」を狙う買い需要が生まれるため下げ止まりをしてくるようになります。

同時に天井域でショートポジション(空売り)をとっている短期筋投資家の利益確定の決済買い注文も出てくることでしょう。

こういったCの「押し目買い」や空売り勢の動きによって、株価は再び上昇します。

しかし、この上昇では資金力のある、AやBは買い向かっていません。

そのため、直近で、大きく出来高を伴いながら売り込まれた価格を超えることが難しくなります。

こうすると、三尊天井やダブルトップ、ピンバーというようなチャートパターンや、高値域でのレンジを形成していきます。

 

 

ピンバー

31518197-C9B0-4F64-A787-511FAE187EE1

こうなるとBのテクニカルトレーダーは、売ることはあっても積極的に買うことありません。

もちろんA:マーケットメイカーは目標株価から大きく乖離してない状態では買いに回ることはありません。

例えるならばこんな感じです。

小売店の仕入担当者は定価1000円の価値の商品を980円でメーカーの営業担当にプッシュされても見向きもしませんよね?w

仕入担当者は100円~500円で仕入れるように価格交渉して平均単価300円の在庫を揃え、消費者に定価の1000円や割引価格の800円で売って利益を得るのです。

Aの定める目標株価とはいわば、メーカー希望小売価格『定価』なのです。

さて、AとBが売り、Cが買い、三尊天井やダブルトップピンバー、高値域でのレンジというチャートパターンが形成されているなか、

誰かが背中をポンと押せば一気にチャートは崩れます。
D0540F39-A889-44A7-BE37-E17E4A41E96E

誰が?それはちろんA:マーケットメイカーですw

Aが巨大な資金力と絶妙のタイミングで、残しておいた買いポジションを暴力的に投げつけるとどうなるでしょうか?

買い圧力はC:イナゴ投資家のみですので当然、買い方は敗北し、チャートは大きく崩れることになります。
56BD2F64-B142-410D-ADEB-74EAA140534C

このあと、多少の値上がりがあったとしても、それは再び、Cの値ごろ感からの買いや、空売り勢の決済買戻しです。


この崩れたチャートで大きな含み損を抱えたC:イナゴ投資家たちは、一旦、自分の買値に戻ってきて、損益トントンになったらどうするでしょうか?

これまでの含み損の恐怖から逃れるために、決済の売りが発生しやすくなります。

いわゆる、「やれやれ売り」といわれる状態です。
やれやれ

やれやれ売りができればまだ、救われている方です。

情報を盲信があると損切出来ずにどんどんと損失を広げてしまう事になるでしょう。

こうなってしまっては投資家でもなく投機家でもありません。

この繰り返しが下降トレンドの初動になり、再びA:マーケットメイカーが旨みを感じる価格帯まで波をうって株価はだらだらと下げて続けていきます。

1AA168CE-3951-459F-8B14-1E8BC9D41BE0

そして株価が本質的価値より大きく乖離して安くなってきた時、

再びマーケットメイカーは買い方へと立場を変え、C:イナゴ投資家の損切を相手方に株を買い集めます。

また本質的価値に向かってお仕事を再開し始めるのです。

再び①のステージへと戻っていき歴史は繰り返します。
①のステージ

誰かに言われるから買って損した経験ありませんでしたか?

それが、SNSの有名アカウントや雑誌や新聞にでているものではありませんでしたか?

その結果、損をしてしまっているのは

今回お話しした原理が働いているのです。

まとめ

  • 投機の『本質は安く買って高く売る。』買われたモノはいつか売れれる。
  • A:マーケットメイカーは目標株価で利益確定に動く
  • C:イナゴ投資家を狂乱状態にするために様々な媒体で煽られ始める。
  • 出来高を伴う三尊天井などの弱いテクニカルはAの売り抜けの可能性
  • B:賢明なる投資家達も利益確定し始める。
  • Bのファンダ派はもともとAに近い価格を分析しているので利益確定。
  • Bのテクニカル派はAの利益確定に気付いているので利益確定。
  • AもBも買わない中、狂乱状態のCは買い続ける。
  • Aが最後の一押しをするとチャートは大きく崩れる。
  • 少し値を戻しても、やれやれ売りがあるので再び売りが降ってくる。
  • これらの動きが下降トレンドの始まり。
  • 目標株価から大きく乖離したとき再びA:が買い集め始める。

こういったお話しを、『浜松三河テクニカル交流会』で共有できたらと考えています!

次回のテクニカル交流会はこちら

1

第6回『浜松三河テクニカル交流会』in 浜松② を開催します!!   浜松三河テクニカル交流会はこんな方におすすめ テクニカルを勉強、実践の日々を送っているがなかなか上達しない! テクニカル ...

スポンサーリンク

-テクニカルの本質とは?

Copyright© テクニカル総合サイト〜お祭り騒ぎ~ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.