次回のテクニカル交流会はこちら

1

第6回『浜松三河テクニカル交流会』in 浜松② を開催します!!   浜松三河テクニカル交流会はこんな方におすすめ テクニカルを勉強、実践の日々を送っているがなかなか上達しない! テクニカル ...

スポンサーリンク

テクニカル講座

まずはココから!テクニカルの基礎!ダウ理論

更新日:

 

スポンサーリンク

0.ダウ理論とは

ダウ理論はテクニカル分析を行うにあたり

必ず理解しなければいけない基本的な考え方です。

多くのテクニカル解説書でもまず真っ先に触れられるのが

この「ダウ理論」でしょう。

この理論の発案者は米国の証券アナリストのチャールズ・ダウ(18511902)。

彼は現代におけるもっともポピュラーな株価指数

「ダウ・ジョーンズ工業株平均株価」を開発し、経済界に大きな影響をあたえた人物でした。

「ダウ理論」が重要視する考え方は、様々な市場において同じように適応できるとも言われ、

株式相場のみでなく、為替、商品先物、仮想通貨などのチャートを使うすべての金融商品に有効であると考えられます。

まずは、「ダウ理論」の基本理念に目を通してみましょう。

 

1.ダウ理論の基本理念

1.平均株価はすべての事象を織り込む

2.トレンドには3種類ある

3.主要トレンドは3段階からなる

4.平均は相互に確認されなければならない

5.トレンドは出来高でも確認されなければならない

6.トレンドは明確な転換シグナルが発生するまでは継続する

 

1.1価格はすべての事象を織り込む

市場価格はあらゆるファンダメンタル(材料)の反映であるという考えが大前提になっています。

これは

一般的なファンダメンタル的な観点(業績、財務、配当性、成長性)

政治家や経営者といったインサイダー的立場にある者達の動き

戦争や災害といった事象(があたえる影響)

といったものを素早く織り込むというものです。

上記に挙げたような質の高い情報を手に入れ、正確に分析でき、投資行動に移れる人物というのは、

我々一般人と比べて、知的水準が高い、もしくは社会的な地位が高いであろうことは想像に難くありません。

彼等の保有する資産、資金は膨大です。

彼等のような賢明な投資家が資金を動かせば、

それは必ず価格や出来高にノイズを生み、チャートに変化が現れます。

 

1.2市場には3種類のトレンドがある

実はこの「3種類のトレンド」という言葉に関して

書籍、ネット上では2種類の解釈に分かれます。

解釈①

・メジャートレンド(大きなトレンド)
⇒ 6ヵ月~1年以上続く長期のトレンド

 

・インターメディエートトレンド(中くらいのトレンド)
⇒ 3週間~6ヵ月間続く中期のトレンド

 

・マイナートレンド(小さなトレンド) 短期のトレンド
⇒ 3週間未満のトレンド

これは、それぞれトレンドの寿命が長い短いという点についてのみ言及しているものではありません。

大きく長いトレンドの中には"調整期間"と呼ばれる逆行する値動きが存在します。

下記はダウ平均株価のチャートです。10年近くの上昇トレンドであっても、

上昇の過程で複数の短期的な下降トレンド(利益確定に絡む調整局面)が数多く発生しています。

ダウ平均/日足 2016.1~2019.5

自身の知識、適正、目的に合わせて、現在の値動きが上記の3つのトレンドのどこに位置付けされるのかを常に分析する必要があるでしょう。

解釈②

1.上昇トレンド期 ⇒ 価格の上昇が続く。

2.下降トレンド期 ⇒ 株価の下降が続く。

3.レンジ期    ⇒ 株価の横ばいが続く。

ダウのこの概念に関して、古典的な解釈では①が正しいと言えるでしょう。

また①の解釈を採用している書籍においても②の解釈について言及している場合もあります。

両者はトレンドという言葉に対して、”時間軸の長短”と”方向”という異なる観点について言及していますが

相場の本質を捉えるファーストステップとしては①②の双方ともに非常に重要なため、どちらも正しく理解すべきと考えます。

 

1.3メジャートレンドは3つの局面がある

ダウは1つのトレンドの性質についてさらに3つの局面を定義しています。

アキュムレーション局面(買い集め期)

パティシペーション局面(追随期)

ディストリビューション局面(売り抜け期)

①の買い集め期では、その銘柄の”本当の価値”にいち早く気付いた、

賢明な投資家が買い集めを開始した局面です。

売りたい人と買いたい人のバランスが釣り合っている場面です。

安い価格まで推移してくると繰り返し買いが入るため、底値が形成され、意識され始めます。

②の局面では、ついに、売りたい人と買いたい人のバランスが崩れて、価格が上がり始め、上昇トレンドが構築されます。

このトレンドに追随する投資家が大勢現れると、さらにトレンドは強固になっていきます。

③の局面では、①と反対に賢明な投資家が

”その銘柄の本当の価値”と”現在の価格”に差がなくなってくるので、

利益確定のために売りにまわり始めます。そのため再び、売りと買いのバランスが釣り合い始め、トレンドが終息し始めます。

 

1.4 平均は相互に確認されなければならない

複数の平均を表す指標がある場合、これが”相互に同じ方向を示していなければ”トレンドとしてみなすことはできない。というものです。

実際にダウが具体例として挙げたものには、

19世紀のアメリカ市場における、工業株と鉄道株のというような相関関係のある

平均指数が互いにシグナルを出しあっていなければ、明確な上昇トレンドとは定義できない、とあります。

現代においては、

ドル円と日経平均の相関関係

ダウ平均と日経平均の相関関係

金先物と各国の株価指数との逆相関関係

の関係性がイメージしやすいでしょう。

また、株の個別銘柄ならば、セクターやテーマごとの連動した値動きに注目すると良いでしょう。

 

1.5 トレンドは出来高でも確認されなければならない

例えば値上がり局面では

価格の上昇⇒出来高の増加

価格の下落⇒出来高の減少

という現象が確認されなければ、上昇トレンドとして認めることができないという考えです。

値下がり局面ではこれが逆になります。

上昇トレンドが続くなか、"価格の下落⇒出来高の増加"が確認された際は、ダウの言うところの、

上昇トレンドの定義が崩れることになるので、ポジションの優位性が薄まることになります。

 

1.6 トレンドは明確な転換シグナルが発生するまでは継続する

ここまでに挙げてきた、ダウの指摘する"トレンドの定義"が明確に覆るまでは、直近のトレンドは継続し続ける

というものです。

ダウの指摘する"トレンドの定義"について、上昇トレンドを例に以下にまとめました。

価格の高値が更新し続ける

安値の切り上げし続ける

関連する平均指標が相互に上昇方向に向いている

価格の上昇時には出来高が増加する

価格の下落時には出来高が減少する

これらの観点が否定された時、明確な転換シグナルと考えるべきでしょう。

 

2. 現在テクニカルおけるダウ理論の適応

ここまで、テクニカル分析の基礎としてダウ理論を解説しましたが、

これはあくまでもダウの生きた19世紀の相場原理を理論化したものであるということを

しっかり頭にいれておくべきでしょう。

現代はインターネットの発達により、情報がすぐさま世界に伝達されます。

そのため、ダウの定義したトレンドの時間軸(メジャー、インターメディエート、マイナー)は

さらに細分化して認識する必要があるでしょう。

ダウの定義した一番短い時間軸のマイナートレンドにおいても、3週間未満という時間軸を基準にしています。

しかしこれも、現代に置いてはかなりおおざっぱなトレンド区分であると考えます。

AIやアルゴリズムで自動化、高速化された現代相場では、

デイトレードやスキャルピングといった投資家が形成するトレンドにもしっかりと留意する必要があるでしょう。

現代テクニカル分析にダウ理論を適応させるはじめの一歩としては

自身の主戦場、監視銘柄の

月足

週足

日足

日中足(分足)

といった異なる時間軸の高値と安値がどこになるのかを把握するところから始めるといいでしょう。

 

次回のテクニカル交流会はこちら

1

第6回『浜松三河テクニカル交流会』in 浜松② を開催します!!   浜松三河テクニカル交流会はこんな方におすすめ テクニカルを勉強、実践の日々を送っているがなかなか上達しない! テクニカル ...

スポンサーリンク

-テクニカル講座

Copyright© テクニカル総合サイト〜お祭り騒ぎ~ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.